女性用の喪服は通販がいい

女性用の喪服を探していますか?

 

喪服は一生に何度も使うものではありませんが、絶対に必要なものですよね。
そして、年齢がいくにつれて、残念なことでありますが、予想以上に使う機会が増えるものです。

 

安い喪服が欲しくて、しまむらやイオンなど安いお店で探したこともありますが、生地がペラペラで黒の色も薄かったりして、「お値段なり」というのが正直な感想です(´・ω・`)
実際に、買ってみたところ、1年後に使おうと思ったらあきらかに色褪せて変な赤色のような茶色のような黒になっていました・・・

 

昨年、着ようと思った喪服が着れなくて焦ったことがありますが、ネット通販で安くて良質な喪服をみつけることができました。

 

 

ネット通販なら安くて高品質な喪服が買えます。


喪服の通販専門店があると知っていますか?

 

1万円以下でもたくさんあるのですが、百貨店では3万円〜5万円以上で売られているクオリティのものです。

 

20代はまだ安っぽい喪服でもいいとしても、30代40代、結婚したらちゃんとした喪服でないと親族に恥をかかせることにもなりますよね。

 

ネット通販なら、品質も良くて価格もお手頃なので買いやすいと思いますよ。

 

ベーショックでおしゃれなデザインが揃っているから、ちゃんとお手入れしておけば、買い直す必要はありません^^

 

人気なのは15,000円〜2万円前後の喪服です。
喪服の値段は品質に比例しますから、あんまり激安よりこれくらいの価格帯が安心で売れているんでしょうね。

 

私も2万円代のものを買いました。ベーシックですが、おしゃれなデザインなのでずっと使えると思います^^
娘が大きくなっても着れるかも…そんなデザインを選びました。

 

私が購入した通販サイトは、ニナーズというお店ですが、他にも通販サイトがあったのでのせておきますね。

 

ニナーズの通販サイトはこちらです。

 

女性用喪服が安い通販サイト

 

1万円以上で送料無料になるお店が多いです。



着物の専門店もありましたよ。

 

ニナーズ

喪服,女性,通販
1万円以上で送料無料です。
喪服が8,900円から買えますよ。
30歳からほしい「きちんとした喪服」が低価格です。
売れているのは15,000円前後のものですね。
17時までに注文すれば翌日届きますし、ハンガー便でシワなくすぐに着られます。
時間がある人は試着サービスを利用すれば、サイズやデザインが安心して選べます。

 

ニナーズの通販サイトはこちらです。

 

メアリーココ

喪服,女性,通販
1万円以上で送料無料です。
会員に登録すると1,000ポイントがすぐに使えます。
365日発送なので、明日必要!という時も安心です。
翌日配送不可の地域は、お急ぎ便チケットを利用すれば早く届きます。
ニナーズと同じ、ハンガー便や試着サービスがあります。
ニナーズは、試着は500円ですが、メアリーココは無料で2着注文し、1着分の返品が無料です。

 

メアリーココの通販サイトはこちらです。

 

ビー・ギャラリー

喪服,女性,通販
ビー・ギャラリーは8,000円以上で送料無料になります。
試着サービスはありますが、1万円以上の商品に限られていて1,000円の追加料金がかかります。
購入する時に「レビュー書きます」宣言をすると、袱紗や数珠入れ、黒ストッキングの中から1つを選んでプレゼントがもらえます。

 

ビー・ギャラリーの通販サイトはこちらです。

 

ブランノワール

喪服,女性,通販
1万円以上で送料無料です。
15時までに注文すれば当日発送だから、急ぎの時でもOKです。
40代からの極上ブラックフォーマルは、お値段は高いですが試着無料・送料無料です。
喪服の出番が多くなる40代〜50代女性には、極上ブラックフォーマルがおすすめです。

 

ブランノワールの通販サイトはこちらです。

 

京都着物喪服の専門店「葵」

喪服,女性,通販
着物の喪服が必要という場面もありますよね。
葵は京都の呉服屋さんなので、品質はまちがいありません。
数十万円はする喪服ですが、ネット通販特別セットだと
夏用109,000円〜購入できます。
ふつうの呉服屋さんとは違う、特別なセットになっているので、格安ですよ。
着付け小物もすべてそろって、紋入れも可能です。

 

着物喪服専門店「葵」の通販サイトはこちらです。

 

 

妊婦さん、授乳ができる喪服

妊娠中に、葬儀に参列しなくてはならないことがありますよね。

 

息子を妊娠中に、私も経験しました。親族として参列しなくてはいけなかったので、どんなふうにすればよいのかを母や近所のおばちゃんに教わった記憶があります。

 

「妊婦は火葬場へ行ってはいけない」という話を聞くことがありますよね。これは、邪気が赤ちゃんを連れていってしまうという迷信からです。昔は死をけがれとし、妊婦さんや小さな子が亡くなることが現代より多かったことから、そんなふうに言われるようになったとか。

 

とはいっても、参列してはいけないということはありません。私の地域では、鏡を外向きにしてお腹に入れておくという習慣が残っています。鏡が、邪気を赤ちゃんから遠ざけてくれるといいます。

 

さて、お腹が大きいと、今まで着ていた喪服が入らないということになります。黒のマタニティであれば問題ないともいわれますが、私の場合は親族だったので、喪服を着ることになりました。マタニティ用の喪服を、通販ですぐに取り寄せられるので助かります。

 

靴は、ヒールのないものを履きました。砂利道を歩いたり、立っているときには助かります。

 

防寒対策には気をつけました。黒の無地のタイツを履いたり、会場でひざかけを借りたり。夏でも冬でも、ここは注意したいところですね。

 

気疲れしてしまう葬儀という場では、体調に考慮することが大切です。実際私も、途中で退席させてもらって休んだのを覚えています。大切な席であっても赤ちゃんのことをいちばんに考え、周囲の人に心配をかけないようにしたいですね。

 

通販の喪服はウエストがふんわりしたマタニティ対応がありますし、ニナーズやビー・ギャラリーには、前が大きく開く授乳対応の喪服がありますよ。

 

ニナーズの通販サイトはこちらです。

 

ビー・ギャラリーの通販サイトはこちらです。

 

 

喪服には年齢に合った品格を

アラフォーと呼ばれる世代になった私は、昔から体型が変わらないことが自慢です。そのおかげで、20代の半ばに買った喪服を、今でも問題なく着られます。

 

しかし、歳相応という言葉があるように、喪服にも歳相応があるのかな、と最近思っています。

 

ある葬儀に出席したときも、昔から着ている喪服を着ていきました。正式なブラックフォーマルなので特に問題はないと思ったのですが、それを着たとき、違和感を感じたのです。私には、もう若すぎるデザインかもしれないと。

 

そうは思ったもののほかに着るものはないので、とりあえずそれを着て出席しました。そこでつい気になったのが、皆さんの服装。

 

目上の女性たちが身に着けていらっしゃる喪服の色やデザインに、つい目がいってしまいました。より濃く艶のある漆黒、落ち着いたデザイン。私のそれとは異なっています。

 

気が付けば、もう40歳です。もっと落ち着いた、品格ある装いを始める時期に来たことを感じました。喪服は、10年に一度ぐらいのペースで買い換えるのが良いと、どこかで聞いたことがあります。太ったか痩せたかということだけではなくて、やはり、徐々に体型は変わっていくもの。それと同時に、歳相応の品格が伴わなくてはいけません。これからの私に似合う喪服に買い替えようと思っています。

 

ところで40代からの喪服は、こんな基準で選ぶと良いそうです。縫製がしっかりした、美しい漆黒のもの。今後の体型の変化や動きやすさを考えて、余裕のあるサイズにしておくと安心です。また、ポケットがついたタイプを選ぶと重宝するようです。

 

身に付けるものも、振る舞いも、歳を重ねるごとに美しくありたいものですね。

 

40代からの極上ブラックフォーマル

ニナーズの通販サイトはこちらです。

 

子供の葬儀参列について経験したこと

私と息子で、義父の葬式に参列したときの話です。

 

息子はもうすぐ4歳で、このような冠婚葬祭はもちろん、大切な人の葬儀に参加することは初めてでした。

 

まだ時期尚早とも考えましたが、幼いうちからこういう場には慣れさせるべきだと、きちんと喪服用のサスペンダーと黒い革靴を購入して準備をしたのです。

 

告別式はさすがに親族の方々にご迷惑だろうと断念しましたが、せめて葬儀では息子をしっかりさせたいと思ったのです。

 

しかし、やはりお経の始まるあたりで飽きてきたらしく、いまいち葬儀の趣旨を理解し切れていない息子は、椅子に座りながらバタバタを足を投げ出し始めてしまいました。

 

荘厳な場の雰囲気を乱すわけにはなるまいと、私は半ば気が気じゃないと思いながらも息子に注意を向けていたところ、お経の途中にも関わらず、斜めの席の初老の男性が息子にキャンディーを差し出して下さったのです。

 

お顔が把握できていないことに申し訳なく思いながらも小声でお礼をしたのですが、後でお訊きしたところ、故人の弟さまなのだそうでした。

 

その方に「七つまでの子どもを葬儀に参列させるのはあまり良くない」とお叱りを受けてしまいました。

 

躾がなっていないということかと恥ずかしく思っていると、どうやらそういうことではないらしく、彼曰く「小さい子どもは仏に魅入られやすいから早死にする」という言い伝えがあるのだそうです。

 

曲がりなりにも兄君の葬儀で、そんなことを仰る弟さまのことを少し訝しく思いましたが、穏やかで優しげな彼の風貌にいつの間にか気づかされてしまいます。

 

宗教観や古くからの風習なのかは分かりませんが、きっと、息子のように、長い式を退屈に思う子どもに言い聞かせる作り話なのかもしれません。

 

義父とは反りが合わなかったこともあり、なかなか親密なお付き合いは出来なかったのですが、今回初めてお会いした弟さまとは今後も交流をさせていただくことになりそうです。

 

息子のことも、私自身のことも、平等に気遣って下さった彼の方が、よっぽど仏さまに見えなくもないのですが、少々私は疲れていたのかもしれませんね。

 

 

お子さんの葬儀参列は周りのサポートをお願いしましょう。


 

女性用喪服が安い通販サイトランキングを見る